立浪新監督「高橋周平、フォーム改造」来季構想⑤

NPB(プロ野球) スポーツ 中日

◆中日3‐2ヤクルト◆
中日・与田監督は今季限りでの退団が決まった。次期監督への就任要請を受けた立浪和義氏がYouTubeで来季の構想を語った。レギュラーとして決まっているのは一塁・ビシエドと中堅・大島だけとしながら、各ポジション争いを展望した。

自身が長く君臨した遊撃と三塁について。三塁は高橋だ。長打力を求めて、打撃フォームを改造させる。
「去年、今のスタイルで三割打って、キャンプでは周平には何も話していないんだけど」
「あれだけ前にステップして、ましてやクロスするし。思い切って変える時だよね。元々遠くに飛ばせる選手なんだから」
「最低やっぱり三割、20本目指せるようなスタイルにしないと。もっと軸足の力を使うように」
「今年成績悪かったんで、思い切って変えられるあれなのかなと」


9月下旬に収録された「燃えドラch」で井端弘和氏と対談した。井端氏が「立浪さんが監督だと思ってやって頂ければ」と振ると、立浪氏は「勝手にね」と応じた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事