立浪新監督「外野の助っ人を補強」来季構想⑥

NPB(プロ野球) スポーツ 中日

◆中日3‐2ヤクルト◆
中日・与田監督は今季限りでの退団が決まった。次期監督への就任要請を受けた立浪和義氏がYouTubeで来季の構想を語った。レギュラーとして決まっているのは一塁・ビシエドと中堅・大島だけとしながら、各ポジション争いを展望した。

今季の深刻な得点力不足を踏まえ、外野の助っ人を補強したい考えを示した。
「この打線の中で、どうしてももうひとり、外国人を入れないといけないので、そうなるとレフト。若い外野手は一人しか入れられない」

福留については、44歳での活躍をたたえながら、「レギュラーとして出ているようでは寂しい」と述べ、代打の切り札として起用する方針だ。

得点力を上げるために、「強かった時代も点取れてないでしょ。でも1点のとり方がうまかった。状況に応じたバッティングをもっとやらないと」と指摘した。


9月下旬に収録された「燃えドラch」で井端弘和氏と対談した。井端氏が「立浪さんが監督だと思ってやって頂ければ」と振ると、立浪氏は「勝手にね」と応じた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事