稲葉監督「打っていいよと…」【侍ジャパン】

ニュース 侍ジャパン 東京五輪

◆日本7-6米国◆
日本代表「侍ジャパン」は2日、準々決勝で米国と対戦、延長十回にサヨナラ勝ちした。

タイブレークに突入した十回表を無失点で切り抜けると、無死一、二塁から代打・栗原(ソフトバンク)が犠打を決めた。一死二、三塁となり、打席には甲斐(ソフトバンク)。米が内野に5人を置く中、サヨナラの右越え安打を放った。

稲葉監督は試合後、「全選手がよくやってくれたと思います」と笑顔。

サヨナラの場面について、「(甲斐が)『打っていいですか?』と言うことだったので、『打っていいよ』というやりとりをしました」と明かした。

「1日おきの試合ということで、選手達も練習日でも精力的に動いてくれていますし、日程的には非常にいい感じてきていると思います」「我々の日本の野球をしっかりやっていきます。しっかりと全員野球で戦っていきます」
準決勝へ向け、いつものセリフで締めた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事