秋山翔吾、球宴でのサイクル安打アシストを「自白」

話題・エンタメ 阪神 ソフトバンク 西武

「珍プレー好プレー大賞」が放送され、西武・秋山翔吾がオールスターで阪神・近本光司のサイクル安打をアシストしたと「自供」した。

今年のオールスター第二戦で、近本が三塁打を打てばサイクル安打を達成するという打席で、打球はレフトフェンスを直撃した。

左翼の秋山は、甲子園のファンらに忖度して守備位置を前に変えていたが、フェンスに当たった打球は秋山の方へ強く返って来たという。秋山は「思ったより強く返ってきてしまった」「(公式戦なら)いくら足が速くてもあの当たりで三塁へ行かしてはいけない」などと、本来ならアウトに出来たかのような発言をした。

一方、中継された送球をそらした三塁のソフトバンク松田宣浩は「全力でアウトにしに行った」「送球に集中していて走者は見えなかった」などと頑なに「否認」した。