福留・糸井抜きの阪神、広島に惨敗

阪神 広島

◆広島7-2阪神◆
福留、糸井を欠いた阪神が広島になすすべなく完敗を喫し、2連敗。その差は5ゲームに開いた。

阪神は前日に途中交代した福留が右ふくらはぎの筋挫傷で抹消となり、糸井も試合前のフリー打撃をパスしてスタメンから外れた。このため、三番にマルテ、五番に梅野を起用。六番にはライト中谷、七番にはこの日福留に代わって一軍に昇格した陽川が入った。大幅に若返ったフレッシュな打線で前日からの巻き返しを図ったが、気を吐いたのは六回の左前適時打を含む2安打を放ったマルテのみ。梅野、中谷、陽川はそろって無安打で、糸井・福留の穴を埋めることはできなかった。四番大山も4タコと、“独り立ち”はまだ厳しいという結果になった。

この日は投手陣も先発・岩田が5回2/3で7安打4失点、救援の谷川も2回で5安打3点。守備でも木浪と谷川が失策を記録するなど、締まりのないゲームとなった。

これで対広島戦は6連敗。独走を阻止してペナントレースを盛り上げる期待がかかっていたが、今後の懸念材料ばかりが目立った。

関連記事