社会人選抜が優勝、NPBレッド下す【アジアWL】

NPB(プロ野球) 西武

台湾で行われている2019アジアウインターベースボールリーグの優勝決定戦・NPBレッド対日本社会人選抜戦が15日行われ、2-4で社会人選抜が勝利、「下剋上」優勝を果たした。

社会人選抜は四回、矢野幸耶(三菱日立パワーシステムズ)の犠飛と長澤壮徒(NTT東日本)の2点適時二塁打で3点を先制。1点差の七回には長澤がライトにソロ本塁打を放ってNPBレッドを突き放した。長澤はこの日3安打3打点で、優勝決定戦のMVPに選ばれた。

NPBレッドは四回裏に川越誠司が2点適時打を放って1点差に詰め寄ったが、五回以降は社会人先発の継投にかわされわずか2安打。追加点が奪えなかった。

関連記事