石川昂弥スタメンデビュー3打数2三振も「積極的に振れた」

プロ野球 スポーツ 中日

◆中日1-2巨人◆
中日のドラフト1位ルーキー石川昂がスタメン出場で一軍デビューを果たしたが、3打数無安打2三振に終わった。

「三番・三塁」で起用された石川昂は初回の第1打席、二死無走者で巨人の先発・戸郷の3球目139キロをひっかけてボテボテの三ゴロに。しかし、岡本の悪送球で二塁まで進んだ。四回の第2打席は同じく戸郷と対戦。変化球2球をファールで追い込まれた後、147キロ直球を空振りして三球三振。ここまでは6球すべてをスイングする積極的な打撃。

2番手・與那原と対戦した七回の第3打席では一転して、フルカウントまでボールを見たが、最後は6球目の147キロ直球を空振りした。

石川昂は「打てなかったですが、積極的に振っていくことができた。良い勉強になりました」とコメント。一方で与田監督は「最後の三振は完璧に変化球を待っていた。打席で何を考えているのかがものすごく感じられた」と最終打席を評価した。

いきなりのクリーンアップ起用で結果を出すことはできなかったが、先につながる経験になったようだ。

文・写真/BBNEWS編集部

◆石川昂弥
背番号 2
カナ イシカワ・タカヤ
出身校 東邦
誕生日 2001年6月22日
年齢 18
血液型 O
身長 185
体重 93
所属履歴 東邦(甲)
キャリア 1年
投打 右右
ドラフト年度 19
ドラフト順位 1
年俸 1500万円
契約金 1億円
家族 独身

関連記事