矢野V逸の裏目采配「ウチとしては行くしかなかった」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 中日

◆阪神0-4中日◆
阪神が優勝をかけた最終戦で中日に完敗を喫し、V逸が決まった。

矢野監督は最終戦に最多勝をほぼ確定させている青柳を先発させたが、二回一死一、二塁で木下拓の三ゴロを併殺を焦った糸原が一塁に悪送球して先制を許す。

その裏に二死一、三塁で青柳に打順が回ると、矢野監督は代打・小野寺で勝負に出たがあえなく遊飛に倒れた。

三回から登板した及川は3イニング目の五回に振り逃げ、四球、安打で一死満塁のピンチを招いて降板、3番手の馬場が二死から大島に2点適時打を浴びた。

3点を追う八回にはセットアッパーの岩崎をマウンドに贈る執念を見せたが、二死一、二塁から渡辺の適時内野安打で1点を失った。

先発投手の早すぎる見切り、近本や原口、糸井らが控える中での代打・小野寺の指名など、矢野監督らしい采配がこの日は裏目に出た。

試合後、矢野監督は青柳の二回降板について「ウチとしては行くしかないし、勝つしかない。チャンスは逃せない」と説明した。

ただ、逆転優勝を期待した甲子園のスタンドでは怒号も飛び交った。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事