矢野監督「激励」から逆転被弾「打たれちゃったけど…」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 DeNA

◆DeNA4-3阪神◆
阪神が痛恨の逆転負けを喫し、連勝が5で止まった。首位・ヤクルトはサヨナラ勝ちでその差は2.0ゲームとなったが、ヤクルトの引き分けが多いため、8日からの直接対決で3連勝しても勝率はヤクルトが上回る。実質的には3ゲーム差以上の開きだ。

三回にマルテの適時打と大山の2ランで3点を先制、序盤は阪神ペースで試合が進んだ。だが、四回無死一塁から伊藤将が宮崎の投ゴロを一塁へ悪送球。無死二、三塁のピンチを背負うと、ソトの遊ゴロで1点を失い、さらに二死三塁から山本のボテボテのゴロを大山が捕球しながら握りそこねて内野安打として2点目を献上した。

1点リードの八回には、3連投中の岩崎を温存して及川をマウンドに送ったが、先頭の牧に四球を与えるなど、制球が冴えない状況。一死二塁で矢野監督がマウンドに足を運んで直接激励したが、直後にソトに逆転2ランを浴びた。

試合後、矢野監督は八回の場面について「『思い切っていけ』と。ここまでアイツが成長してきたのも一年、見てきたし。『ここで投げさせていいと思って俺はお前を使っているから』と。結果、打たれちゃったけど、俺の中では思い切って勝負にいけというところの結果なんで」と説明した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事