矢野監督「今日は近本で負けた」

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神

◆阪神2-3巨人◆
接戦を落とし、首位・巨人との3連戦を負け越しとなった阪神・矢野監督は試合後「ちょっとミスが」と悔しさを隠せない様子でインタビューに応じた。

その中で「今日は近本で負けたかなと思ってます」と明言した。近本は三回の守備で一死満塁から浅い中飛を本塁に大暴投して先制点を献上、四回にも一死二、三塁からの浅い中飛を今度は低めに投げ過ぎて岡本の生還を許し、3打席が終わった七回の守備から懲罰交代させられていた。

矢野監督は「終わったことは変えられないけど、これからは変えられるといつも選手たちに言っているんで、近本自身が成長して、近本自身が残りの試合でどうやってチームを勝たせていくか、そういうことが求められる」と近本への期待も語った。

チームはこれで巨人と8.5ゲーム差となったが、「チームとしてもこういう大事な試合でこのような結果というのは監督としても悔しいですし、ここから可能性というのは厳しくなりました」とまさかの“ギブアップ宣言”。「ここからどういう姿勢を見せていくのかっていうのがボクらの課題かなと思います」と続けた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事