矢野監督「アレを外すということは…」エンドラン不発に

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神

◆阪神0-4巨人◆
阪神が完封負けでCSの初戦を落とした。

大山、佐藤輝を外した菅野対策打線が完全に裏目。7回をわずか2安打に抑えられた。先制された直後の五回には先頭・マルテが初安打を放ったが、次の糸原の打席でエンドランを読まれて小林がウエスト。マルテは盗塁死となり、反撃ムードは一瞬で潰えた。

先発・高橋は三回までは完全投球と立ち上がりは良かったものの、五回一死一、三塁から吉川に適時打を浴びて先制されると、1点を追う六回二死一、二塁でもウィーラーに2点二塁打を許し、6回6安打3失点。

矢野監督は試合後「やっぱ点取らないとね勝てないんでね、そこは一番の負けた原因かなと思います」と完封負けを嘆いた。

エンドラン不発の場面には「アレを外すということは相当根拠がないと外せない。何か対策をしていきます」と、サインを読まれていた可能性に言及した。

先発の高橋についても「2点取られたとこだけは2アウトまで行ったんでね、あそこちょっと踏ん張ってくれたら」と悔しげに語った。

あと1敗でファーストステージでの敗退が決まる崖っぷちに追い込まれた。次戦に向けては「負ければ終わりですしね、勝って次にどう持ち込んでいくか、それだけ考えてやります」。

第2戦は最多勝の青柳が先発する。勝って第3戦に持ち込むことができるか。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事