目の前で中川が敬遠され…「絶対打ってやろうと」オリックス宗が意地の決勝打

オリックス 楽天

◆楽天6-7オリックス◆
オリックスが宗の決勝打で延長戦を制し、このカード勝ち越しで前半戦を締めた。

6対6で迎えた延長十回表、二死二塁から中川が敬遠され、宗が打席に。「絶対打ってやろうと」いう気持ちで打席に立った。ダブルスチールで二、三塁となってから、楽天の守護神・松井の3球目をレフト前に弾き返して殊勲の決勝打となった。お立ち台では「抜けたコースが良かったのでうれしかったです」と笑顔を見せた。

今季は打撃フォーム改造に苦しんで春先に調子を崩し、二軍での調整期間が長く、この日が8試合目の出場だが「このカードの勝ち越しを機にこれから後半戦は盛り返していきたい」と今後の巻き返しを誓った。

関連記事