盗難被害のSupreme 柳田悠岐ら野球選手も大好き

ニュース ギア・ファッション・車

16日早朝に大阪市の人気服ブランド店「Supreme(シュプリーム)大阪店」で被害額が数百万円規模の盗難被害があった。ガラスを破壊して侵入し、衣類など数十点を盗む大胆な犯行は、人気の裏返しでもある。野球界にもsupremeが好きな選手やコーチが多い。

supremeは米ニューヨーク発のスケートカルチャーから派生したブランド。ブランドのアイコンでもある赤のボックスロゴを目にしたことがあるだろう。ルイヴィトンやナイキとコラボレーションしたアイテムなどは特に希少性が高く、入手は困難だ。

野球界ではソフトバンク柳田悠岐がよく着用している。

巨人・元木コーチも好きなようだ。優勝旅行先のハワイでも物色していた。

ヤクルト山田哲人がルイヴィトンとコラボレーションしたシャツを着ていたこともある。

ヤンキースの田中将大は16日、古巣・楽天の球団事務所を訪問したが、着用していたのはノースフェイスとsupremeがコラボしたダウンジャケット、手にしていたのはsupremeのレザーリュックだった。何ともタイムリーである。


目玉商品の発売日時には店に行列が出来、オンラインでもアクセスが殺到するという。転売目的の購入も後を絶たない。知人が購入を頼まれたボックスロゴのスウェットパーカーは定価3万円程度だが、プレミアがついて18万円だった。

被害にあった店は保険に加入しているだろうが、損害は甚大。捜査の進展が待たれる。

関連記事