疲労回復に効果?ソフトバンク・ミランダ愛用の最先端マシンとは

エンタメ・話題 巨人 ソフトバンク ギア・ファッション・車

ソフトバンク・ミランダが履いているのは…黒いズボンではなく、まだ日本では広く普及していないが世界のトップアスリートが使用している、最先端の疲労回復マシンなのだ。

21日の楽天戦に先発したミランダは5回途中で降板し、93球で2失点だった。次回の先発へ向けて調整している。

福岡市内の自宅で撮影された写真で着用しているのは、米ノーマテック社の「PULSE2.0」で価格約20万円。このマシンをおそらく購入し、コンディションの維持に努めているのだろう。

足首からふくらはぎ、太もも、尻へ。空気圧により、脚先から心臓へ向かって順番に圧迫する。筋肉に溜まった老廃物を押し出し、血流を良くして疲労回復を促進する。むくみや冷え性の改善にも効果があるそうだ。

サッカーJ1神戸のイニエスタも自宅で使用している。

こちらはノーマテック社のインスタグラムに投稿されていたので、提供されたのか。

ノーマテックのホームページによると、大リーグではレッドソックスやレイズにはノーマテックが提供するリカバリールームがあり、ミランダが履いているブーツがズラリと並んでいる。

その他、リカバリールームがあるのは、NBAではアトランタホークス、サクラメント・キングス、ボストン・セルティックスなど。

NHLのフィラデルフィア・フライヤーズ、NFLのカンザスシティ・チーフス、フロリダ・パンサーズにもある。

また、プロボクシングのIBFスーパーミドル級王者カレブ・プラントを始め、トライアスロン、自転車など幅広い競技のトップアスリートが愛用しているのだ。

ミランダは今季11試合で3勝3敗、防御率4.58とイマイチだが、150キロを超えるストレートとチェンジアップは右打者にも有効。最先端のブーツを履いて疲労回復に努めて、ローテーションを守り抜きたい。

因みに巨人・坂本、炭谷も使用している。

関連記事
球界の筋肉王は誰だ!二の腕に注目してみた

関連記事