甲斐野央と會澤翼「因縁バッテリー」が八回ゼロ封、流れ呼ぶ【侍ジャパン】

エンタメ・話題 ソフトバンク 広島 侍ジャパン・東京五輪

侍ジャパンのソフトバンク・甲斐野央と広島・會澤翼。一歩間違えば命を落としかねなかった因縁のあるバッテリーがベネズエラ戦の八回をゼロ封し、逆転劇を呼び込んだ。

3月24日のオープン戦で、甲斐野の剛球が會澤の顔面を直撃する危険球となった。退場する際には、帽子を脱いで深々と頭を下げて謝罪の意を示した。

試合後は「本当に申し訳ない」と青ざめ、直接の謝罪を望んだが会えずに終わっていた。

その後、謝ったのかは定かでなかったが、この日はバッテリーを組んだ。「會澤さんのミットをめがけて、自分のボールを投げようと思い、マウンドに上がっていました」。

ヘルメットではなく、曾澤の「ミット」をめがけて全力投球。三者凡退で流れを引き寄せ、その裏の大逆転劇に繋がった。

プレー、コメントを見る限り、2人の間にわだかまりは存在しないようだ。甲斐野は真摯に謝罪、會澤は気持ちよくそれを受け入れたに違いない。

関連記事