甲子園V主将、強盗致傷で逮捕 清水達也・西川愛也同期、松井裕樹後輩

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 西武 中日 日ハム 楽天 事件事故・ゴシップ

17年の甲子園で優勝した花咲徳栄高の主将だった千丸剛容疑者が強盗致傷などの容疑で千葉県警に逮捕され、野球ファンに衝撃が走っている。

千丸容疑者ら男5人は昨年4月26日午後9時45分ごろ、千葉県八街市の民家で、男性を殴って頭蓋骨骨折などの重傷を負わせて侵入し男性の妻に切創を負わせた疑い。妻が大声を出したため、金品などは奪えず、逃走したという。

千丸容疑者は花咲徳栄高の元主将で、二番二塁として活躍。同期には中日・清水達也投手、西武・西川愛也内野手、1学年下に日本ハム・野村佑希内野手がいる。卒業後は駒大に入学したが、退学している。また、楽天・松井裕樹投手は中学時代のチーム「青葉緑東シニア」の先輩にあたる。

キャンプイン前日のニュースに、松井や清水はさぞかし驚いたに違いない。

文/BBNEWS編集部 写真/Twitterより

関連記事