甲子園歴史館で「台湾プロ野球特別展」

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ CPBL(台湾プロ野球)

甲子園歴史館は営業を再開する16日から「台湾プロ野球(CPBL)特別展示」を開催、阪神OBの林威助や蕭一傑氏の台湾でのユニフォームや蔡英文総統のメッセージボールなどを展示する。

特別展は、今季CPBLが世界に先駆けて開幕する際に富邦ガーディアンズが本拠の新荘球場に甲子園歴史館のロゴを無償掲載したことへの返礼として開催される。

CPBL5球団のユニフォームが展示されるが、中信ブラザーズは林威助二軍監督、味全ドラゴンズは蕭一傑コーチのものだ。蔡英文総統のメッセージボールは「台湾・日本一起加油」と書かれている。「台湾・日本一緒に頑張りましょう」という意味だ。呉志楊コミッショナーのサインボールもある。

特別展示は7月19日まで。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、CPBLTV、Facebookより

関連記事