甲子園のスタンドは感嘆!近本が芸術的な足技みせる

エンタメ・話題 阪神 ヤクルト

◆阪神4-5ヤクルト◆
阪神・近本が曲芸的な足技を見せた。

六回、左前打で出塁した近本は、次の福留の6球目にスタートしたが、タッチアウトの判定となった。だが、近本は自信満々にベンチに向かってセーフをアピール。

矢野監督がリクエストし、映し出されたリプレー検証映像では、近本がスライディングしながら巧みに左足を折りたたみ、遊撃・廣岡のタッチをかわしている様子がハッキリと映っていた。

残念ながら左足が巻き上げた土煙で右足への廣岡のタッチと近本の左足でのベースタッチが隠れてしまい、リプレー検証の結果は従来の判定通り「アウト」となったが、甲子園のスタンドは近本の思わぬ「足技」に大いに沸いた。

関連記事