生まれ変われなかった沢村、5シーズンぶり先発も4回KO

巨人 DeNA 原語(ハラゴ)

◆DeNA9-2巨人◆
「生まれ変わったニュー」。巨人・原辰徳監督がそう期待した新たな姿を、5季ぶりに先発した沢村拓一は見せることが出来なかった。3回0/3で62球を投げて、3安打3四球4失点で負け投手となり、チームの連勝は6で止まった。

志願してリリーフで調整していたが、実戦で2回2失点と結果が出ない沢村に先発転向を告げたキャンプ終盤、原監督は転向の狙いをこう説明した。「リリーフというより、1点、2点を取られても大丈夫なようにする。生まれ変わったニューということで。天真爛漫の彼の良さというか、自分を窮屈にしているから」。

だが、マウンドにいたのは制球に苦しむ、窮屈そうな沢村だった。初回に1点のリードをもらったが、先頭の神里和毅に二塁打を浴び、内野ゴロの間に失点。三回に再びリードをもらうも、四回に悪癖が顔をのぞかせる。追い込みながら筒香嘉智を歩かせると、宮崎敏郎にもストレートの四球。ロペスに適時二塁打を浴び、同点とされたところで降板を告げられた。

本人も課題は自覚していたのだろう。「四回の先頭を追い込んでからの四球が全てです。自分の意図するボールを投げ切れなかった」と反省した。

自慢の速球は150キロを超えたが、落ちる球がワンバウンドするなど、とにかくリズムが悪い。原監督は沢村に「速さより制球」を求めているが、沢村は細かい制球より球威を追い求めるタイプ。かつては先発として貯金を作れなかったこともある。本当に先発に適性があるのか…。

巨人の先発は菅野智之、畠世周、山口俊、メルセデスは当確。残る1〜2枠をヤングマン、ドラフト1位の高橋優貴、沢村らが「チャレンジ枠」として争う。沢村以外は勝ち星を挙げている現状やリズムの悪さを考えると、「生まれ変わったニュー」を見せられる日はいつになるのか…