王柏融が来日1号など4安打、台湾メディアも速報

オリックス 日ハム

◆オリックス6-4日本ハム◆
日本ハムの王柏融が、京セラドームで行われたオリックス戦で来日1号を含む4打数4安打3打点の活躍で、“台湾大王”の力を見せつけた。

この日は「三番・レフト」で起用された王は、第1打席は右前打、第2打席は四球、第3打席は左前適時打。3点ビハインドの七回一死三塁で迎えた第4打席で、吉田一からセンターに2点本塁打を放った。第5打席にも左前打を放ち、4安打の固め打ちとなった。

台湾プロ野球で打率4割台を二回記録した“大王”の活躍は、台湾でも大手メディア自由時報が「王柏融が初の3番で爆発!1試合4安打のバカ当たり」と報じるなど、各メディアが速報した。