片岡篤史氏コロナに「感染しました」YouTubeで表明

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神

阪神OBの解説者・片岡篤史氏が、コロナウイルスへの感染をYouTubeで明らかにした。

片岡氏は14日、「コロナウィルスに感染しました」と題した動画をYouTubeで公開。酸素チューブらしきものを鼻に取り付けた痛々しい姿で「コロナウイルスに感染してしまい、4月の8日から入院しています」と告白した。

片岡氏は「みなさんに見てもらっている動画はストックしていたものであって、動画が更新されなくなったらストックしていたものがなくなったと思ってください」と断ったうえで、途切れがちの苦しそうな声で「今、コロナで世の中大変なことになっていますので、みなさまもこれまで以上に十分予防していただいて、感染されないようにしてください」と訴えた。

球界では藤浪晋太郎ら3選手、解説者では元楽天の梨田昌孝監督が陽性となっており、梨田氏は入院中。集中治療室での闘病が続いている。

文・写真/BBNEWS編集部

梨田昌孝氏コロナ入院2週間、ICUでの治療続く
「スポンサー社長宅で女20人」金村義明氏が“コロナ会食”内情暴露?

関連記事