無死から申告敬遠2回で大量失点、またラミレス采配裏目

阪神 DeNA

◆阪神8-0DeNA◆
3-0と、DeNAが阪神にリードされた八回の阪神の攻撃でDeNA・ラミレス監督が無死から2度の申告敬遠を敢行、いずれも直後に適時打を浴びDeNAが5点を失った。

先頭のマルテが安打で出塁すると、次の糸原の打席で代走・植田が二盗を決めた。ここでラミレス監督は糸原の申告敬遠を4番手・斎藤に指示して無死一、二塁に。次の大山に中越え適時二塁打を浴び4点目が入った。

続く無死二、三塁の場面でも、懲りずに高山を申告敬遠。続く梅野にレフト戦に適時二塁打を浴びた。さらに代打・北條の適時打で高山も生還。木浪の適時内野安打で5点目を追加された。

この日、DeNAは計4つの申告敬遠。

ラミレス監督は20日の試合でも近本を申告敬遠してから4失点している。

関連記事