炭谷の活躍で巨人が快勝、古巣に存在感見せつける

巨人 西武

◆西武4-9巨人◆
FAで西武から加入した巨人の炭谷が古巣との試合に初めてスタメン出場し、走攻守に存在感を発揮した。

第1打席ではスタンドからの大きな拍手で迎えられた炭谷。13シーズンを過ごした古巣相手に、恩返しのプレーとなった。

1点を追う四回、無死二、三塁で十亀の直球を中前へはじき返し、逆転の2点適時打を放った。「打ったのはストレート。とられた後に、すぐに取り返せてよかった。守りも頑張ります」とコメントした。

八回は四球を選び、亀井の二塁打で一塁から一気に生還。クロスプレーでアウトと判定されたが、原監督のリクエストによるリプレー検証の結果、セーフに覆り、追加点を奪った。

守っては、よく知る西武打線を相手に5投手をリードし、勝利に導いた。菅野の復帰登板となった9日の試合で公式戦では初めてバッテリーを組むなど、徐々に役割が大きくなっている。原監督は小林、大城との捕手3人制を敷くが、西武で重ねた経験を活かして、出番を増やしそうだ。

指揮官も「バッテリーが一体となっているところが素晴らしい。誠司も、小林もそこに少しでも近づくようにね、生きた教材の中でいい刺激になっていると思います。打つ方でも存在感ありました。やっぱりこの球場で培ったというかね、いい形で出迎えてもらえた感じではないでしょうか」と評価した。

関連記事