清水昇4回5失点の乱調、台湾連合に敗れる【アジアWL】

NPB(プロ野球) ソフトバンク ヤクルト 楽天

台湾で行われている2019アジアウインターベースボールリーグの台湾プロ野球連合対NPBレッド戦が3日行われ、7-4で台湾が勝利した。

NPBレッドは先発のヤクルト清水昇が4回8安打4四死球で5失点(自責4)と乱調だった。

打線は二回にソフトバンク清水陸哉の適時二塁打で1点、四回にヤクルト濱田太貴の適時打で1点、五回には楽天・小郷裕哉の適時打などで2点を返したが、六回以降は台湾の継投にかわされ1安打と好機を作れなかった。

NPBレッドはこれで6勝3敗1分。

関連記事