清宮復帰戦で安打も栗山監督「遊んでる場合じゃない」

プロ野球 スポーツ 日ハム キャンプ

右肘手術からの復活を目指す日本ハム清宮幸太郎が15日の紅白戦(かいぎんスタジアム国頭)に代打で出場し、左前打を放った。

九回裏、先頭打者で登場した清宮は、左腕の福田俊と対戦。フルカウントからの変化球に体勢を崩されながらレフト前に運び、スタンドから拍手を浴びた。

清宮は昨年10月に右肘の関節形成手術を受け、1月に打撃練習を再開。今キャンプは二軍で調整しており、この日が久々の実戦だった。

ただ、栗山監督は試合後、「しっかりやって欲しい。遊んでる場合じゃない」と辛口のコメント。期待が大きいだけに、ヒット1本では評価に値しないという事だろう。目標とする「本塁打30〜40本」に向けて、ピッチを上げていきたい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆清宮幸太郎
背番号 21
カナ キヨミヤ・コウタロウ
出身校 早実
誕生日 1999年5月25日
年齢 20
血液型 O
身長 184
体重 101
所属履歴 早実(甲)
キャリア 3年
投打 右左
ドラフト年度 17
ドラフト順位 1
公式戦初出場 18年5月2日楽天=札幌ドーム
年俸 2000万円
昨季年俸 1800万円
家族 独身

関連記事