清宮がイースタンで初安打&初打点、同期の活躍が刺激?

ロッテ 日ハム ヤクルト

右手有鉤骨(ゆうこうこつ)骨折から復帰した日本ハム清宮幸太郎が、15日のイースタンリーグ・ロッテ戦(鎌ケ谷)で復帰後初安打と初打点を記録した。

前日に続き「三番・DH」で先発出場した清宮は、初回の第一打席、ロッテ先発の左腕小島から一、二塁間を破る今季初安打を放った。六回一死三塁で迎えた第3打席では、変化球を捉えてライトにあわや本塁打かという大きな当たり。これが犠飛となって初打点を挙げた。

復活への原動力となっているのは、同期のライバルの存在だ。ヤクルト・村上は今年、ここまで10本塁打を打ち一軍でブレークした。前日には、やはり同学年のロッテ・安田が清宮の目の前で2ランを含む2安打4打点の活躍をしていた。

「やっぱりすごく気になります。同い年ですし、僕たちの世代で引っ張っていきたい思いは強い」と語る清宮。同世代の切磋琢磨がプロ野球に新風を吹き込む。

関連記事