清原和博氏、NPB復帰願う「そういう目標を持って頑張っていきたい」

ニュース エンタメ・話題

覚せい剤取締法違反で執行猶予中の元プロ野球選手・清原和博氏(52)が神宮球場で行われた「ワールド・トライアウト」に監督として参加、NPB復帰への思いを語った。

試合の合間に行われた東尾修氏とのトークショーでは、日本シリーズでの「男泣き」の際の心境を「ピッチャーは工藤さんでしたし、点差も開いていた。ファーストからバッターボックスが見えて、その奥に王さんの姿が見えて…それで感極まってしまって」と明かした。

トークショーの最後には東尾氏が立ち上がり、スタンドに向けて「いずれNPBのユニホームを着て本当の復帰ができるよう、皆さん応援してやっててください」と深々と一礼。観衆から大きな拍手が送られると、清原は「これからの人生に力になる。そういう目標を持って頑張っていきたい」と語った。

関連記事