“清原トライアウト”投手コーチの入来祐作が大荒れ投球

ニュース エンタメ・話題

清原監督で話題を集めた「ワールド・トライアウト」に投手コーチとして参加した入来祐作氏が、試合の合間に行われたホームラン競争にバッティングピッチャーとして参加。まさかの死球を出すなど“大荒れ”のピッチングで本人も苦笑いだった。

ホームラン競争は1分間の本塁打数を競うルール。入来氏は球数を投げようと焦ったのか、打者が手を出せないボール球を連発。右打者の腕に当たる死球も出し、各打者本塁打0~2本の低調な争いになってしまった。最後に登場したテルビン・ナッシュ選手には打席に入る前のインタビューで目標本数を「投球次第だ」と言われる始末。

スタンドからも「ちゃんと投げろー」といったヤジが飛んだが、入来氏は苦笑しつつも懸命に投げ、ナッシュになんとか3本目の本塁打を打たれて終了。ホッとした表情を見せた。

関連記事