浜口対策打線も不発で阪神が連勝ストップ「うちの甘さ出た」

阪神 DeNA

◆阪神1-3DeNA◆
阪神は苦手・浜口対策に打線を大幅にいじったが不発に終わり、連勝が2で止まった。

DeNAの先発・浜口は、甲子園ではこの試合前まで5戦3勝負けなしという“天敵”。このため、この日は梅野に代えて捕手に原口、福留に代えて左翼に陽川、遊撃には北條を起用するオーダーを組んだ。

だが、この打線が機能しない。五回に北條がソロ本塁打を放ったものの、得点はそれだけ。六番の原口は併殺打とヒットエンドランでの三振ゲッツーと2併殺でブレーキとなった。

逆に、九回には陽川が筒香の左前打をトンネルして三進を許し、致命的な3点目を奪われる結果に。

矢野監督は「結果、球際というか、陽川もどうなったかこっちから見えないんだけど。そういう球際。ゲッツーも含めてね。今日はそういうところにうちの甘さっていうのが出た」と分析した。

「そこは課題と成長していかないといけないところ」といつものフレーズで締めた矢野監督だが、シーズンはもう後半に入っている。

関連記事