流れを引き寄せた阪神八回の「足攻」

阪神 DeNA

◆DeNA7-8阪神◆
阪神が終盤、足を使って流れを引き寄せた。

七回に4点を返して2点差で迎えた八回、二死一塁から一走・高山が盗塁に成功し、木浪の右前適時打で生還。すかさず木浪に足のスペシャリスト・植田を代走に送ると、エスコバーは走者を気にして打者・近本に集中できない状況に陥った。

その近本の右前打で二死一、三塁とすると、投手は国吉に代わったが今度は近本が盗塁に成功。1点差の二死二、三塁、一打逆転の形となってDeNA外野陣は極端な前進守備を敷き、北條の中越え適時三塁打につながった。

積極走塁を掲げる矢野監督のもと、レギュラーシーズン中は走塁ミスも目立った阪神だが、ここぞという場面で見事にハマった。

関連記事