泥沼16連敗のヤクルト小川監督「コメントは特にない」

DeNA ヤクルト

◆DeNA7-0ヤクルト◆
ヤクルトが完敗を喫し、連敗がセ・リーグ記録の16に並んだ。

小川監督はこの日も連敗脱出に向け、メンバーをいじった。先発にはドラフト1位ルーキー・清水を抜擢、打線も一番に坂口を戻し、六番にサード宮本、七番にショート奥村を起用した。悪い流れを断ち切りたいという懸命の采配だが、選手が応えられない。打線はDeNAのドラ1・上茶谷に散発4安打で、最後まで得点の気配がなかった。先発の清水も4回を9安打2四球5失点と、救世主となるには程遠い結果に終わった。

1970年に自チームが記録したセ・リーグの連敗記録に並んでしまったヤクルトだが、小川監督は「それに対するコメントは特にない」と言葉少な。何をしても裏目裏目の現状に、打つ手がなくなっている。あえて指摘するならば、ソコソコ得点できている打線をイジり回し、明らかに疲労が蓄積している中継ぎ投手陣を投入し続ける起用法は変えていない点が問題なのではなかろうか。

関連記事