気が付けば2ゲーム差…攻守不振のソフトバンクが6連敗

ソフトバンク 楽天

◆楽天1-0ソフトバンク◆
独走だったはずが…楽天に敗れた首位・ソフトバンクは前半戦終了時に二位日本ハムに7ゲーム差をつけていたが、6連敗で2ゲーム差になってしまった。

原因は複数あるが、主に得点力不足と故障だろう。連敗中の全試合で3得点以下。故障で柳田不在の打線を引っ張ってきたグラシアルがキューバ代表の試合でチームを離れ、迫力不足は否めない。

前日は美馬にあわや完全試合をされそうになり、この日は散発5安打に終わった。

工藤監督は前日の試合後、「選手にアドバイスをしたり、狙い球を絞らせたり、打つべき球と打ってはいけない球を指示するのがベンチの仕事。明日から徹底してやらせるようにしたい」と話していたが、効果は発揮されなかった。

故障者の離脱、特に今宮の不在は痛い。八回の失点は遊撃の代役、高田の失策が絡んでのもの。茂木の痛烈な当たりがイレギュラーしたのを後逸し、二塁へ進まれた。その後、一、三塁から浅村に決勝点となる犠飛を許した。

前日も、遊撃に入った牧原がブラッシュのゴロを捕球する際に転倒し、内野安打に。続く銀次に2点二塁打を浴びて0-4とされていた。

「投手が我慢するところは我慢して、打線の奮起を待ちたい」と指揮官は話したが…打撃不振に守備の乱れも重なっている。

ソフトバンクと、3位に浮上した楽天は4ゲーム差で、昨季王者の西武とは4.5ゲーム差。パ・リーグが混戦模様になってきた。

関連記事