正力賞のソフトバンク工藤監督、受賞の要因は?

ソフトバンク

プロ野球の発展に貢献した野球人に贈られる正力松太郎賞をソフトバンク・工藤監督が受賞した。2年連続4回目。

巨人・原監督、西武・辻監督という両リーグ優勝監督も候補となったが、ソフトバンクを3年連続日本一に導いた工藤監督が選ばれた。故障者が続出しながらも、やりくりして勝ち抜いた手腕が評価された。

選考委員会の座長、ソフトバンクの王貞治会長は「勝ったというだけでなく、思い切った選手の用兵、ベテランを休ませるなど、心を鬼にしてでもやって、勝つということを貫いた」などと述べた。

ソフトバンクの編成などの組織力も高く評価され、来季からは個人でなく球団が受賞対象となる見通しとなった。

関連記事