楽天2位転落「連敗しようが…」石井監督

NPB(プロ野球) スポーツ セリーグ オリックス 楽天

◆楽天3-4オリックス◆
「同率首位」対決はオリックスが制した。オリックスは9連勝で単独首位に立ち、楽天は6連敗で2位に転落した。

「がんばろう東北シリーズ」は3連敗。石井監督は20日の試合後、「『がんばろう』」というよりは『お前らががんばれ』という話だと思う」と話していた。この日は先発・滝中を3回7安打2失点で交代。1点ビハインドの九回には抑えの松井を投入するなど7投手をつぎ込み、連敗を止めようと頑張った。

試合後、指揮官は「きょうだけじゃなく、全体的に後手後手になって良いリズムで試合が進められないところがある」と総括。滝中の交代について、「あの時点で1点ビハインドの状況だったので、何とかリリーフでしのいでいこうと決めた。八回に点をとられたけど、ある程度リリーフはうまく仕事をしてくれた」と継投に納得した。

6連敗となったが、「連敗しようが連勝しようが、キャンプから選手とシーズンをしっかり戦い抜こうという話をしている。そこはぶれない。今は正直、そんなに良いとは思わないけど、選手はボク以上に悔しい思いをしていると思う。一緒に立ち向かっていきたい」

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事