楽天-ソフト23時38分終了、柳田2発でソフト快勝も2度中断

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク 楽天

◆楽天2-9ソフトバンク◆
ソフトバンクが柳田の21号、22号などで快勝したが、激しい雨のために試合が2度中断、午後11時38分までの思わぬ消耗戦となった。

試合は午後6時に予定通り始まったが、一回の裏に一度目の中断。37分後に再開した。

二回に楽天が岩見のソロなどで2点を先制し、三回にソフトバンクが柳田の21号3ランで逆転。2-3のまま楽天が1点を追う七回の攻撃中に雨が激しくなり、再び中断した。

この時点で午後9時54分だったが、そこから55分間中断して同10時49分に再開。楽天は一死一中段時点で楽天は一死一、二塁と同点・逆転のチャンスだったが、再開直後に岩見が併殺に倒れてチェンジ。文字通り水を差された格好となった。

その後は九回に楽天投手陣が崩れて5失点。試合時間がさらに延びた。

試合後は「終了時間の関係で」ヒーローインタビューは取りやめとなった。楽天は11日も仙台での試合だが、ソフトバンクは福岡に帰って西武戦の予定。過密日程の中、雨天でも強行する試合が目立っているが、七回の豪雨中断で打ち切るという判断があっても良かった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事