楽天生命パークの宿泊施設が予約受付開始、6月29日から宿泊可能に

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 楽天

楽天生命パーク宮城のにオープンする宿泊施設「RakutenSTAYxEAGLES」の宿泊開始日が6月29日に決まり、22日から予約受付が始まった。

球場左翼側後方の「スマイルグリコパーク」内にあるこの宿泊施設は、全4室。主催試合開催日に限らず宿泊が可能。

大型ガラス窓を配置し、1階の部屋にはテラス、2階の部屋にはルーフバルコニーが付属しているため、屋内外から「楽天生命パーク宮城」を眺めることができる。屋外にはバーベキューグリルもある。また、室内の大型テレビでは、動画配信サービス「Rakuten TV」でパシフィック・リーグの球団が主催する全試合を視聴可能だという。

1部屋6~8人まで宿泊可能で、素泊まりなら一泊一室2万5000円から。

松井裕樹は「スタジアムに宿泊施設ができることにまず驚いています。試合がある日もない日も一日中楽しめる内容が様々なところにありますし、屋内や屋外からのスタジアムの眺めも最高です。ご家族やご友人と野球観戦やバーベキューを楽しみながら、楽天イーグルスを全身で感じてほしいと思います」とコメントしている。

文/BBNEWS編集部 写真/球団HPより

関連記事