楽天七回に酒居、森原で5失点「バババって話でもない」石井監督

NPB(プロ野球) ヤクルト 楽天

◆ヤクルト7-4楽天◆
楽天が終盤の七回に一挙5点を奪われ逆転負けした。

2点リードの七回。楽天は3番手の酒居が登板したが、先頭の西浦を四球で歩かせ、一死後、代打・川端には中前打。さらに塩見、青木に連続四球で押し出しとなり1点差に。ここで4番手・森原が登板したが、次の山田の打席で足立の捕逸が出て同点、一死二、三塁から山田の犠飛で逆転を許すと、次の村上に決定的な15号2ランを浴びた。

試合後、石井監督は酒居について「マウンドなのか、フィーリングがいつもと違った」と指摘しつつも「今日は今日、明日は明日ということで、やってくれると思う。一回の失敗でバババって言う話でもない」と信頼を強調した。一方、森原については「ピンチでもポジションを取るチャンス。生かしてもらいたかった」と厳しかった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事