楽天・辰己の攻守にわたる活躍で楽天が接戦制す

中日 楽天

◆中日1-2楽天◆
楽天のドラフト1位・辰巳がスーパープレーで流れを引き寄せた。

1点リードの二回裏、先頭の高橋の右中間への飛球を中堅の辰巳がダイビングキャッチ。抜ければ長打になるのは間違いなかったが、スピードを活かしてピンチの芽を摘んだ。

打っても六番打者として2安打。二回は先制点をお膳立てし、七回は決勝のホームを踏んだ。大学ナンバーワン野手の前評判に違わぬ能力を発揮している。

関連記事