楽天・辰己が同点打&決勝ホームイン

オリックス 楽天

◆楽天3-2オリックス◆
楽天のドラフト1位・辰己涼介が同点タイムリーを含む猛打賞と好走塁でチームの勝ち星に貢献した。

1-2と1点リードされて迎えた五回裏無死一塁の場面、山岡の直球を強振すると、打球は右中間を破る適時三塁打となった。さらに、次打者小郷の打席では、暴投の際に本塁に突入、ヘッドスライディングで決勝点をもぎ取った。

辰己は三、七回にも内野安打を放ち、この日は3打数3安打。お立ち台では、「小郷ちゃんの打席で還れて、同期で1点取れたのでものすごくうれしかった」「ちょっと負けてられへんなという風に思ってたんで、今日の3安打はうれしく思ってます」などと同期入団の小郷をイジったあと、自ら盗塁死の場面に触れて「足でも何とかチームに貢献できるようにやっていきたい」と意欲を見せた。

関連記事