楽天・平石監督があわや退場の猛抗議、審判の「判定修正」に

西武 楽天

◆西武8-6楽天◆
楽天・平石監督が退場寸前の猛抗議を見せ、球場が騒然とする場面があった。

1点を追う七回、先頭打者・浅村の放った打球はライトポール際に。右翼・木村がジャンプして、フェンスに当たったボールを捕球した。ところが、一塁塁審・秋村はこれを一度アウトと判定。二塁塁審の方を見てからすぐに両手を広げセーフに“訂正”した。

浅村はセーフのジャッジを見てから慌てて加速して二塁に向かったが、木村からの好返球でアウトとなった。

これに平石監督がベンチを飛び出して審判団に詰め寄った。審判団の説明にも納得する様子はなく、激しい口調で抗議を続けた。遅延行為で退場となる5分間のリミットギリギリで真喜志ヘッドコーチに促されてようやくベンチに帰った。

その後、西本球審が「ただいまの判定で、一塁塁審の秋村は一度はアウトをしましたが、その後ノーキャッチの判定をし、二塁がアウトで、ワンアウト。試合を再開いたします」と場内にアナウンスして試合が再開された。

関連記事