楽天・今江敏晃、ヤクルト山田哲人の「守備の秘訣」

エンタメ・話題 ヤクルト 楽天 ギア・ファッション・車

楽天・今江敏晃が引退した。今江の股間を打球から守ってきた「守護神」も、感謝を綴った。

今江とヤクルト山田哲人は試合中、股間を守る「ショックドクター」を着けている。

強烈な打球が飛んでくることのある三塁を守ってきた今江はカーボン製を選択。「カップに十分な深さがあり、下部もしっかりとカバーされているのが良いです。野球では地面から跳ね上がるボールを捕球する事が多いのでショックドクターがあれば、安心してプレーする事が出来ます。また軽量でありながら硬さも兼ね備えているので、安心してプレーに集中でき、それがパフォーマンス向上に繋がっていると感じます」

軽量モデルを使用する山田は「以前、守備時に着用していたカップは正直動きにくくフィットしなかったです。けれどもコアプロテクションは軽く守備時の激しい動きでもフィットし、しっかり守られているのが分かるのでショートバウンドも積極的に取りに行けます。不安を取り除いてくれるので自分のパフォーマンスを高めていると感じています」と述べている。

今江はゴールデングラブ賞を4回受賞。広島・菊池がいるためにゴールデングラブ賞は受賞したことはないが、山田も守備に定評がある。大事なアソコを守ってくれる安心感が良いパフォーマンスに繋がるという。

今江選手、お疲れ様でした。

関連記事