楽天、再奪首 元鷹ミランダ12奪三振も4連敗

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ CPBL(台湾プロ野球)

14日に行われた台湾プロ野球(CPBL)の首位攻防戦、楽天モンキーズ-中信ブラザーズは4-1で楽天が快勝、再び首位に立った。

楽天は初回に2本の適時打や相手の失策で3点を先制。守っては先発カーペンターが7回1失点の好投を見せた。

中信の先発、元ソフトバンクのミランダは7回で12三振を奪う力投ながら6安打5四死球を許し4失点(自責2)。5月15日の統一戦から4連敗となった。今季はここまで、いずれも先発で10試合に登板し3勝4敗、防御率3.52。

文/BBNEWS編集部 写真/CPBLTVより

関連記事