楽天がメジャー20発ディクソン、25勝コンリーを獲得

NPB(プロ野球) スポーツ 楽天

楽天は12日、前タイガースのブランドン・ディクソン内野手(28)、前マーリンズのアダム・コンリー投手(30)と契約に合意したと発表した。

ディクソンは18年にメジャーデビューを果たし、19年には15本塁打、3年間で20発を放った長打力が特徴。メジャーでは一、二、三塁と右翼、中堅、左翼の守備についている。

球団を通じて「この機会をいただいてスーパーエキサイトしております。日本でプレーすること、楽天イーグルスに関しても素晴らしいチームだと聞いています。楽天イーグルスでプレーできるチャンスをもらったことに感謝しており、チームの勝利、そしてチャンピオンになるために貢献できることを楽しみにしています」とコメントした。

コンリーはメジャー通算174試合に登板し25勝30敗22ホールド5セーブの成績を残している左腕。「楽天でプレーをすることは自分のキャリアにとって素晴らしいものであると思っています。監督、コーチやチームメイト、そして東北の素晴らしいファンのみなさんにさんに喜んでいただけるように、できる限りのことをしていきたいと思います。優勝を目指して戦うことを楽しみにしています」とコメントした。

編成も担当する石井監督はディクソンについては「打撃評価だけで完結させる選手ではなく、内外野守れる選手で、走塁に関しても手を抜かずにでき、走攻守全てにおいてCharge!してくれる選手」、コンリーについては「MLBでも、リリーバーとして経験を積んできた選手ですが、チャンスがあれば日本でもプレーしたい、成功したい、という意志を持っていたので楽しみにしています。左投手ですが、左・右打者関係なく1イニングを投げ切る力のあるボールがあります」とそれぞれ評価している。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、MLB公式サイトより

関連記事