森福の恩返し?救援陣不振で巨人が大敗、交流戦優勝に黄信号

巨人 ソフトバンク

◆巨人3-8ソフトバンク◆
交流戦優勝をかけた大一番で、巨人・森福が古巣のソフトバンクに大きな“恩返し”をした。

2点リードの六回に同点とされ、二死満塁で川瀬に代打の左打者・福田が起用されたところで森福がマウンドへ。この試合前まで左打者に対して8打数0安打の「左キラー」だが、福田に外へ逃げるスライダーを続け、4球目を右翼スタンドへ運ばれ、試合は決まった。

ソフトバンクは福田の打席まで、満塁で28打席連続無安打が続いていたが、福田が呪縛を解き放った。福田と森福は同期入団。福田は「手応えが良かったので入ると思った。何とか勝ち越し打を打てるようにと望んで入った。森福さんとは同期で可愛がってもらったんですけど、この世界で対戦出来るのを楽しみにしていた。森福さんから打てて嬉しく思う」と晴れやかな表情だった。

森福が巨人へ移籍したのは、ソフトバンクでワンポイントとして起用されることに不満を抱いていたからとされる。だが、巨人移籍後も右打者を苦手としており、昨季は2試合の登板に終わり、今季も6試合だけ。不甲斐ない立場が続いているだけに、ツイッターでは、福田に満塁弾を浴びるために森福が移籍したと言わんばかりのツイートが溢れた。被弾直後の1時間で「森福 恩返し」を含むツイートが300件以上、「森福 スパイ」は200件以上、投稿された。

左キラーの崩壊に加え、坂本が5打数5三振に終わり、打率が3割を切った。巨人が交流戦で優勝するためには残り二試合に連勝する必要があるが、巨人にとってネガティヴな要素ばかりが見えた試合だった。特に、マシソンに代わりセットアッパーに期待されるクックは問題だ。

八回に登板して松田に2点本塁打を浴びたが、問題は失点ではない。四球で一塁に走者を背負うと、クイックをせずに盗塁を許した。捕手の小林が投げるタイミングがないほど完璧なスタートを切られ、どんな強肩でも刺すのは不可能。クイックが不得手という開幕当初からの課題が解決するどころか、盗塁を阻止する気もゼロ。新たに外国人の救援投手を獲得するという報道もあったが、この時期の緊急補強もやむを得ないだろう。

関連記事