森友哉猛打賞 打率.050→.160

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 楽天

◆西武12-8楽天◆
試合前まで20打数1安打、打率.050だった森友哉が猛打賞。若手のバットが振れる中、森も負けじと結果を出した。

この日は七番川越、八番鈴木、九番呉念庭という並び。川越は自主トレ仲間、鈴木はオフに野球教室を共にした親しい後輩だ。鈴木が二回、右中間に二塁打を放つと三回には3-0から川越が2点適時二塁打。鈴木が適時二塁打、呉が2ランで続いた。

森は第1打席は一塁への強いゴロを内田の好守に阻まれたが、三回の第2打席に右前打を放つと、四回に中前、五回に再び右前に運んだ。

コロナウイルスにより練習にもブランクがあり、例年より実戦経験も不足している。ただ、第1打席から思い切りの良いスイングは健在。タイミングが合わなければ強く振ることも難しい。打率は.160になった。開幕まで8日。数字はまだ物足りないが、昨季首位打者、MVPの打撃は心配ないだろう。

文・写真/BBNEWS編集部

◆森友哉
背番号 10
カナ モリ・トモヤ
出身校 大阪桐蔭
誕生日 1995年8月8日
年齢 24
血液型 A
身長 170
体重 85
所属履歴 大阪桐蔭(甲)
キャリア 7年
投打 右左
ドラフト年度 13
ドラフト順位 1
公式戦初出場 14年7月30日オリックス=ほっと
年俸 2億円
昨季年俸 8000万円
タイトル (優)19(首)19(ベ)18、19
家族 独身

関連記事