森友哉「技術の高さ」確信弾、サヨナラも演出

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 オリックス 楽天 怪我・体調不良

◆西武4-3楽天◆
西武は3-3の九回裏二死走者無しから森が二塁打で出塁。そこから満塁として、柘植の適時打で試合を決めた。今季118試合目で初のサヨナラ勝ち。

試合後、辻監督は森を讃えた。
「簡単に2アウトになって、あーーというところだったんですけど、このサヨナラを生んだのは森友哉の2ベースだと思うんですね」

初回には打った瞬間にそれと分かる「確信弾」を放った。まるでスマホのゲームである。

指揮官は「本当に頼もしい、森らしいね。初球の内角の難しい球を。彼のバッティング技術の高さだと思います」

週初めに行きつけで金髪モヒカンを整えた。

以前の髪型はこちら。


この日は5打席すべて出塁するなど3打数3安打、打率はリーグ2位で.323となった。トップはオリックスの吉田正で打率.338。走塁の際に左太もも裏の筋肉を痛め、5日に一軍登録を抹消された。24日の二軍戦で実戦に復帰する見込みだ。19年は最後まで首位打者のタイトルを争い、森が勝った。今年も2人の接戦を見たい。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS編集部、Twitterより

◆森友哉
背番号 10
カナ モリ・トモヤ
出身校 大阪桐蔭
誕生日 1995年8月8日
年齢 26
血液型 A
身長 170
体重 85
所属履歴 大阪桐蔭(甲)
キャリア 8年
投打 右左
ドラフト年度 13
ドラフト順位 1
公式戦初出場 14年7月30日オリックス=ほっと
年俸 1億6000万円
昨季年俸 2億円
タイトル (優)19(首)19(ベ)18、19
家族 独身

関連記事