森友哉、今季も「ベイビー・シャーク」

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 ヤクルト

◆西武―ヤクルト◆
“本家”パーラの巨人加入で登場曲「ベイビー・シャーク」を一度は「使わない」と宣言した西武・森友哉だが、やはり使用することになった?

新装・メットライフドーム初戦となった試合で、おなじみのメロディーが流れた。森は三回の第2打席で先制適時打を放つなど5打数2安打。適時打には「うまいこと逆方向に打てたとは思います。お客さんがいないのはさびしいですが、ビジョンを通して応援してくれているのは伝わりました。この先もいいところを見せたいです」とコメントした。

森は昨季途中から「ベイビー・シャーク」を採用したが、パーラの来日で使用を躊躇。インスタグラムでフォロワーに問うなど、継続するか否かを悩み、2月にはテレビ番組で「使いません」と宣言していた。

しかし、その後も継続を願うファンの声は強く、この日の試合ではベイビー・シャークが使われた。両手を上下に小刻みにたたく「サメ・ダンス」は新型コロナウイルスの感染対策では「要検討」とされてしまったが、とりあえず継続されたことに安どしたファンも多いだろう。

文・写真/BBNEWS編集部

◆森友哉
背番号 10
カナ モリ・トモヤ
出身校 大阪桐蔭
誕生日 1995年8月8日
年齢 24
血液型 A
身長 170
体重 85
所属履歴 大阪桐蔭(甲)
キャリア 7年
投打 右左
ドラフト年度 13
ドラフト順位 1
公式戦初出場 14年7月30日オリックス=ほっと
年俸 2億円
昨季年俸 8000万円
タイトル (優)19(首)19(ベ)18、19
家族 独身

関連記事