森下暢仁「サムライ先発」候補 千賀離脱で

NPB(プロ野球) スポーツ 広島 ヤクルト 侍ジャパン・東京五輪

◆阪神―広島◆
14日、東京五輪まで100日を迎えた。広島・森下暢仁は2年目の今季、阪神戦の二回まで16回を投げて無失点。味方の失策絡みで初失点したが、自責は未だゼロ。安定感を武器に、侍ジャパンの先発候補に浮上している。

13日の阪神戦は雨で中止となったが、稲葉監督と建山コーチが甲子園のスタンドに視察に訪れた。指揮官は「ああいう整った選手はジャパンに必要。自分で崩れることがない」。特筆すべきは13日までの被打率で、わずか.140だ。

「侍」の右の先発候補は17年WBCに出場した巨人・菅野智之、ソフトバンク千賀滉大の他、楽天に復帰した田中将大らの名前が挙げられている。オリックスの山本由伸は19年の「プレミア12」では中継ぎとしてフル回転した。

千賀は足首の靭帯を損傷、田中はふくらはぎの不調で出遅れた。菅野は下半身の故障でまだ未勝利。山本の起用法は未定だが、稲葉監督の森下への評価は単なるリップサービスではないだろう。

野球が五輪で実施されるのは08年北京大会以来。14日から、NPBのテレビ中継などで、稲葉監督が出演するプロモーション映像が流れている。


文・写真/BBNEWS編集部

◆森下暢仁
背番号 18
カナ モリシタ・マサト
出身校 明大
誕生日 1997年8月25日
年齢 23
血液型 O
身長 180
体重 77
所属履歴 大分商(甲)―明大
キャリア 2年
投打 右右
ドラフト年度 19
ドラフト順位 1
公式戦初出場 20年6月21日DeNA=横浜
年俸 4300万円
昨季年俸 1600万円
タイトル (新)20
家族 独身

関連記事