梨田昌孝氏がコロナウイルスに感染

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス 日ハム 楽天

プロ野球近鉄、日本ハム、楽天の元監督梨田昌孝氏(66)が、新型コロナウイルスに感染した。

梨田氏は、3月25日から倦怠感を感じるようになり、28日には発熱の症状が出た。さらに30日には呼吸困難に陥って病院で診断を受け、31日に肺炎の症状が確認されたために入院しPCR検査を受けた結果、1日に陽性が確認された。

梨田氏は島根・浜田高から1971年ドラフト2位で近鉄に入団。17年間の近鉄一筋でプレーした。引退後は2000年から5年間近鉄で、2008年から4年間は日本ハムで、2016年から3年間楽天で監督を務めた。2001年と2009年にはリーグ優勝に導いている。

文/BBNEWS編集部 写真/楽天公式HPより

関連記事