梨田昌孝氏、直近の取材先は阪神

プロ野球 スポーツ 阪神

新型コロナウイルスに感染した元楽天監督の梨田昌孝氏の直近の取材先は阪神だった。

梨田氏は3月25日に倦怠感を覚え、28日に発熱、30日に呼吸困難となり病院に行き、31日に重度の肺炎にかかっていることが分かり入院。4月1日に新型コロナウイルス陽性が判明した。関係者によると、これ以前に最後に現場に行ったのは3月14日の京セラドーム・オリックス―阪神戦だった。

阪神の感染者・藤浪晋太郎と伊藤隼太、長坂拳弥はこの日のオリックス戦には出場しておらず、試合は“コロナ合コン”当日のデーゲーム。藤浪らから感染した可能性は低そうだが、合コンに出席したとされる高山俊はこの試合に出場していた。

梨田氏も阪神3選手も現時点での感染経路は不明。仮に感染源が同一であれば、無症状の感染者が阪神周辺にいることになるが、症状が確認されない限りPCR検査を行わない現状では確認は不可能だ。プロ野球の開幕がいつになるのか、不安は尽きない。

文/BBNEWS編集部 写真/楽天球団HPより

関連記事